画像を使って、CMを紹介してます。
お 知 ら せ !
このたび、ブログの名称を 『 9ro3 のオークション生活 』 から変更したました。

ランキング 、 人気ランキング

※ 集計は、月曜日~日曜日の一週間単位で行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

このドラマはキャスティングが良いですね!
相当にレベルの高いドラマに仕上がってると思います。

個人的には、松たか子さんが好きです。
なので、久しぶりのドラマ出演を楽しみにしていました。


話は、舞台俳優で頑固者の本能寺海造を中心と展開?

タイトルの「役者魂」は、本能寺の事を言っている訳だが、相当に
面倒な奴ですね!

マネージャーになった烏山は災難であるが、本人は能天気なほど、
前向きな性格。

偶然とはいえ、意外と組み合わせは良いのかも知れない。






同じワガママだったら、美剣の方がカワイイかな?
本能寺は筋金入りだし、大先生だからね!

でも、ポリシーを持っている結果だし、私はこんな奴が嫌いじゃない。
私自身が、ちょっと近いのかも知れないな!

まあ、いずれにしても面倒な奴に違いは無いのだけど・・・


話の途中で、烏山の妄想的な想像が始まるが、かなり好きだ。
これは良い。最高に面白い。

それと対照的に、腹が立つのが本能寺の子供として現れた、
桜子と忠太のふたり。

よく言えば、無邪気。
だけど態度悪いな!

そう言えば、桜子役の川島海荷ちゃんは前クールでは、
「誰よりもママを愛す」の知役で出演していましたね!

知も、あまり態度良くなかったので、私の中では少しダブっています。


まだ始まったばかりで、どんな展開になって行くのか分かりませんが、
期待はしています。

絶対に良いドラマになると・・・


FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


大手芸能プロダクション・ヤナギサワエクスプレスに勤める烏山瞳美
松たか子)は、売れっ子俳優・美剣玲二(阿部力)を担当するマネージャー。

公私にわたりタレントの面倒を見るという仕事柄、毎日は多忙だが、
明るく元気に生きている。

3歳のときに両親を事故で亡くし家族を知らない彼女は、「人生は何が
起こるかわからない。

どうせ思い通りにならないのなら、楽しく過ごさなきゃもったいない」
と心に決めているのだ。

一方、同事務所の演劇班に所属する本能寺海造(藤田まこと)は、役者
人生50年、シェイクスピア演劇ひとすじというベテラン俳優。

過去に演劇賞をいくつも受賞するほどの名優だが、衣装、メイク、
セット、演出のすべてにおいて徹底的にこだわる姿勢には、周囲の
スタッフも辟易していた。

今日も、新作「リチャード三世」の稽古中に、担当マネージャーを
クビにするという事件が起こった。

「役者の気持ちが考えられる、まともなマネージャーをつけてくれ!」
という本能寺の希望で、社長の柳沢光春(香川照之)が白羽の矢を立て
たのは、瞳美だった。

瞳美の先輩マネージャーで、売出し中の女優・梓里奈(加藤ローサ)を
担当する斉藤和子(濱田マリ)は、社長の申し出を断るようにすすめるが、
瞳美は引き受けることに。

早速、事務所に入ったばかりの経理担当の相川護(森山未來)を連れて、
本能寺が稽古を続ける劇場へと向かう。

護を廊下に残し、楽屋に入った瞳美は、顔を両手で覆い、嗚咽する
本能寺の後ろ姿を目にする。

気を遣った瞳美が、楽屋を去ろうとすると、「助けて」との声が。
役のために付けた付け鼻が、取れなくなったというのだ。

「取ってくれ」と懇願された瞳美が力の限りに外すと、鼻は本能寺の
悲鳴とともに、ポロリと取れた。

心配する瞳美に本能寺は、お礼を言うどころか、「誰だ!」と怪訝な
顔を向ける。

新しい担当だと瞳美が告げると、演劇やシェイクスピアについて知って
いるかと本能寺。
知識がない瞳美は曖昧に答え、明るく挨拶をしようとするが、一蹴される。

本能寺の横暴ぶりにあっけにとられた瞳美は、護とともに、舞台の客席
に座り、里奈の舞台稽古を見ていた。
すると、演出家がきて、本能寺が明日の初日を延期すると言っている
と告げられる。

慌てた瞳美は、本能寺の楽屋へ向かうが、鍵がかかっていてなかには
入れない。
稽古は中止になり、役者もスタッフも帰宅してしまい、瞳美、護、里奈
だけが残る。

警備員から合鍵を借りて楽屋へ入ると、本能寺は、衣装を縫い直していた。
袖の長さが気に入らないというのだ。

そう言うと、本能寺は舞台の上にやってきて、今度はセットの柱を丁寧
に汚し始めた。

16世紀のイングランドの舞台が、こんなに綺麗なはずはないというのが
理由だ。

一度は制止に入った瞳美だが、自分の舞台だから好きなようにやると
いう本能寺の信念に、心を動かされる。

そして、ハケを持つと汚すのを手伝いはじめた。
それを見ていた護と里奈も加わり、いつしか4人で柱を汚すように。

そんな折、里奈が、客席の後ろに立っている人影を見つける。
舞台に向かって歩いてくるその影は、小学生くらいの女の子と、男の子だった。

福田桜子(川島海荷)、忠太(吉川史樹)と名乗るふたりは姉弟で、
本能寺の子供だというのだ。

子供たちの話によると、彼らの母親は青森のスナックに勤めていた
マリリンを名乗る女性で、12年前に本能寺に会っているという。

瞳美はとても信じられないが、本能寺はそれを認めた。
しかし、その晩、マリリンとは何もなかったので、断じて自分の
子供ではないと言う。

今は、行方が知れないという母親が書いた手紙にも、ふたりは本能寺の
子供だとあるが、12年前に一度会っただけならば、12歳の桜子はともかく、
7歳の忠太は、本能寺の子供であるはずがない。

楽屋に戻っていた本能寺は、瞳美の説得にも応じず、まだ、お客に見せ
る芝居になっていないから明日の舞台には出ないと言って譲らない。

そして、子供たちを母親のところへ返すようにとも。
そうすれば、舞台に立ってくれるのかという瞳美には、答えずに…。

話を信じてもらえなかった桜子と忠太は、劇場を去っていった。
後を追った瞳美が声を掛けると、どこにも行くところがないといって、
ふたりは泣き出してしまう。

その姿に、幼い頃の自分を重ねる瞳美は、ふたりを自分のマンションに
連れて帰ることに。

翌朝、子供たちを連れて、舞台の初日が行われる劇場へと向かった瞳美は、
斉藤から本能寺が来ていないといわれ…。
(以上、公式HPより引用)
FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


主 題 歌
B000J10EKGみんなひとり(初回生産限定盤)(DVD付)
松たか子 竹内まりや 村山晋一郎
BMG JAPAN 2006-11-29

by G-Tools


挿 入 歌
B000JLSVD8スロー・ラヴ(初回限定盤)
竹内まりや
ワーナーミュージック・ジャパン 2006-12-06

by G-Tools


B000J10EISフジテレビ系連続ドラマ「役者魂!」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
BMG JAPAN 2006-11-29

by G-Tools


必殺スペシャル 上巻
必殺スペシャル 上巻
藤田まこと 三田村邦彦 鮎川いずみ

関連商品
翔べ!必殺うらごろし 下巻
翔べ!必殺うらごろし (上巻)
江戸プロフェッショナル 必殺商売人 (下巻)
江戸プロフェッショナル 必殺商売人 (上巻)
新 必殺仕置人 (寅之巻)
by G-Tools


涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版
松たか子 加藤あい 長澤まさみ
B000FO4IFE


いつもふたりで DVD-BOX
相沢友子 松たか子 坂口憲二
B00009AV0I




ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9ro3.blog40.fc2.com/tb.php/1079-6caa7ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。