画像を使って、CMを紹介してます。
お 知 ら せ !
このたび、ブログの名称を 『 9ro3 のオークション生活 』 から変更したました。

ランキング 、 人気ランキング

※ 集計は、月曜日~日曜日の一週間単位で行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

こたつ。
これは、日本最強の暖房器具だ。

そして、千秋の言うとおり、人をダメにする恐ろしい一面を持っている。

暖かく、心地よい場所を提供してくれる。
だが、一度入ってしまうと、二度と抜け出せなくなる。

テレビとお茶・みかんがセットなら完璧だ。
私は、毎年お世話になっている。

ここ数日、寒い日が続いているが、まだ出していない。
出してしまったら、こたつ地獄から抜け出せなくなるから・・・






音楽は良くわからない。
オーケストラなんて、全くの無縁だ。

だけど、指揮者、コンマスとオケのメンバーの関係って一般社会と
同じ様な気がする。

仕事で言うならば、指揮者は最高責任者。
コンマスは、作業責任者。

上の者は、実現したい目標をイメージで伝える。
そして、中間の者が、それを具体化して指示を行う。

上からの締め付けがきつく、現場の意見を聞き入れないとSオケの
ようになる。

みんなは一生懸命努力をしているのに、評価される事なく、一方的に
バッシングされていると、信頼関係がなくなる。

そして、不信感がうまれ、やがて崩壊していく。

それが、のだめのピアノを聴いて、気が付いた千秋のように、みんなの
意見を取り入れる事で、今までにないような成果を生む。

自分ひとりでやっているなら、どんな方法でも良いと思う。

だが、みんなで一つの物を作り上げるのには、お互いの協力・信頼関係が
なければ、出来る訳がない。

中には、1人で生きていると勘違いしている人もいるが、そんな事は
絶対にない。
人里離れた場所で、自給自足でもしていれば別だが・・・

その事に気が付かないと、大河内のように勘違い男で終わってしまう。
所詮、個人の力なんて、たかが知れている。

個人の能力が優れている事は、素晴らしい事。
だけど、それ以上にチームワークは大事。

学校でも会社・家族、全てがそうじゃないのかな?

Sオケは、どんな評価をされようとも、今回の演奏でみんなの信頼関係は
築けたはずだ。

千秋ものだめに、お礼と言ってキスをさせた。

キスは微妙な所だが、感謝の気持ちとか、とっても大切。
感謝された方だって、気持ちが良いし。

人なんて、そんな単純な物じゃないのかな?
みんなは分からないけど、私はそう思っています。


FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


のだめ(上野樹里)は、千秋(玉木宏)がSオケの副指揮者から正指揮者
になったことを喜び、お祝いの準備をする。

Sオケは、世界的な指揮者・シュトレーゼマン(竹中直人)が、龍太郎
瑛太)や真澄(小出恵介)、桜(サエコ)ら自ら選んだ学生たちで
編成したオーケストラだった。

しかし、行きつけのキャバクラで千秋が店の女の子たちにちやほやされ
たことに腹を立てたシュトレーゼマンは、Sオケを脱退すると宣言し、
清良(水川あさみ)を始めとする優秀な学生たちで編成されたAオケを
率いて定期演奏会で千秋と勝負する、と言い出したのだ。

千秋は、SオケとAオケでは勝負にならないことを自覚しながらも、何とか
このチャンスを生かそうと決意していた。

あくる日、千秋は、さっそくSオケの練習に臨む。
龍太郎たちは、おそろいで作った『SオケTシャツ』を着用し、やる気満々。

だが、いざ練習を始めると、龍太郎率いるヴァイオリンチームがいきなり
ジミヘンばりのアクションを披露し、千秋の怒りを買ってしまう。

龍太郎たちは、普通に弾くだけではつまらない、と皆でアクションを
つける練習をしていたらしい。

千秋は、そんな龍太郎たちを怒鳴りつけると、週明けまでに譜面通り
出来るよう練習してこい、と皆に告げる。

Sオケの一件は、講師たちの間でも話題になっていた。

江藤(豊原功補)は、シュトレーゼマンが辞めたのだからSオケは解散
させるべきだ、と提案した。

すると谷岡(西村雅彦)は、千秋の指揮を見てみたい、と言い出す。
その結果、講師陣は、AオケにSオケを倒してもらってから解散させる、
ということにする。

一方、のだめは、千秋のために鍋料理の用意をし、彼の部屋にこたつを
持ち込む。

生まれて初めてこたつを体験した千秋は、その魅力に抗えず、スコアの
チェックもせずについ眠りこんでしまう。

さらにその翌日には、千秋を訪ねてやってきた龍太郎と真澄も加わり、
千秋の部屋は完全に宴会場と化していた。

そんな折、構内に定期演奏会のポスターが貼られる。
そこには、シュトレーゼマンの写真と一緒に、千秋の写真もそえられていた。

危機感を感じ、いままで以上に厳しい姿勢で練習に臨む千秋。

そのしごきぶりにプライドを傷つけられたSオケのメンバーたちは、千秋
に対する不満を募らせていた。

千秋がオケに嫌われていると知った大河内(遠藤雄弥)だけは、大喜び
だった。

龍太郎は、コンマスとして自分は何をすべきか思い悩んでいた。

それを知ったAオケのコンミス・清良は、指揮者が辛いときに手を差し
伸べるのもコンマスの仕事だと思う、と龍太郎に助言する。

龍太郎は、Sオケのメンバーを集め、千秋が表現したい音楽に少しでも
近づくよう練習しよう、と皆に呼びかけた。

千秋のことを心配したのだめは、差し入れのおにぎりと1本のビデオを
持って彼の部屋を訪ねた。

そのビデオは、のだめが愛してやまないアニメ『プリごろ太』の『宇宙
の友情大冒険編』だった。

千秋とSオケの関係を、アニメの主人公・ごろ太といじめっ子のカズオくん
の話に例えたかったらしい。

あくる日、千秋は、残っていたおにぎりをひとつ頬張り、練習に臨んだ。
練習の成果を発揮し、譜面通りちゃんと演奏するSオケの面々。

しかし、皆、必死に譜面を追い、誰ひとり千秋の指揮を見てはいなかった。
微妙な音のずれを感じながら、ひとり取り残されたような気分を味わった
千秋は、意識を失いかけ、崩れそうになった。

そのとき、千秋の手をしっかりと握って彼を支えたのは龍太郎だった。

部屋に戻った千秋は、シャワーを浴びながら、今日の出来事について
考えていた。
と、そのとき、部屋からピアノの音が聞こえてきた。

のだめが、Sオケの練習を見ているうちに覚えたベートーヴェンの
『交響曲第7番』を弾いていたのだ。

その演奏は勝手にアレンジされたものだったが、純粋で自由奔放な個性
が見事に表現されたものだった。

千秋は、そんなのだめのピアノを聴きながら、シュトレーゼマンがどう
いう意図でSオケメンバーを選び、表題のない交響曲を選んだのかに気づく。

龍太郎たちSオケのメンバーは、皆、のだめと同じだったのだ。

公演前日、千秋は、いままでの指示を全部変える、とSオケの面々に告げる。
さらに、音以外で曲を表現すること…龍太郎たちが以前やっていた
ジミヘン弾きのように、Sオケの個性や躍動感を表現出来るよう考えて
きたからやってみよう、と伝えた。

公演当日、桃ヶ丘音大の大ホールには、大勢の観客が詰めかけた。
それを見て、緊張するSオケの面々。

皆、泊りがけの練習のせいで家に帰れなかったため、 SオケTシャツの
ままだった。

千秋は、そんな龍太郎たちに、Sオケの初舞台を楽しもう、と告げ、
ジャケットとYシャツを脱いだ。

Yシャツの下に着ていたのはSオケのTシャツ<千秋用>だった。

千秋の指揮でSオケのベートーヴェン『交響曲第7番』が始まった。
伸びやかでダイナミックな演奏は、一瞬にして観客の心を捉えていた。

観客席で見ていた講師陣も、落ちこぼれの集まりだと思っていたSオケの
演奏に驚いていた。

演奏の途中、龍太郎たちは、しきりに千秋にウインクしてアピールした。
皆、あのアクションをやりたがっているのだ。

タイミングを計ってゴーサインを出す千秋。
そのパフォーマンスは、観客にも大うけだった。

千秋は、これで正当な評価はされなくなったことを自覚しながらも、
心から演奏を楽しんでいた。

客席で見ていたのだめは、その演奏に感動し、涙を堪えきれなかった。

演奏が終わり、シュトレーゼマンが「ブラボー!」と叫ぶと、客席からも
大きな拍手と歓声が沸きあがった。

そこには、笑いも混じっていたが…。

千秋の指揮者ぶりを見て「カッコつけやがって!」と憤慨しながらロビー
に出た大河内は、シュトレーゼマンに呼び止められ、いきなりこの後
Aオケを指揮するよう命じられる。

その結果は、言うまでもなく散々なものだった。

演奏会の後、裏軒に立ち寄った谷岡たち講師陣は、Sオケの存続を決定する。
それを聞いた龍見(伊武雅刀)は、大喜びして新メニュー「Sオケ存続
定食」を発表した。

千秋を探していたのだめは、キャンパスにあるベンチで眠ってしまって
いる千秋を発見する。

そっと千秋に近づき、彼にキスをするのだめ。
寝たふりをしていた千秋は、興奮して走り去るのだめに、「これはお礼
だからな」と心の中でつぶやき…。
(以上、公式HPより引用)
FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


原 作 本
のだめカンタービレ #16 (16)
のだめカンタービレ #16 (16)
二ノ宮 知子

関連商品
のだめカンタービレ (15)
のだめカンタービレ (14)
のだめカンタービレ (13)
のだめカンタービレ (12)
のだめカンタービレ (11)
by G-Tools


B000I5YADA「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
ERJ 2006-12-06

by G-Tools


のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK
二ノ宮 知子
4063720799


のだめカンタービレ Selection CD Book〈vol.2〉
二ノ宮 知子
4063646661


JURI first―上野樹里写真集
木村 晴
4063646033


亀は意外と速く泳ぐ デラックス版
三木聡 上野樹里 蒼井優
B000A16D3C


玉木宏 PHOTO STORY BOOK「ただ、君を愛してる」
4048949047


ただ、君を愛してる ~天国の森で君を想う~
玉木宏 宮崎あおい 上原美佐
B000HWY2NM




ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9ro3.blog40.fc2.com/tb.php/1162-1bb549a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。