FC2ブログ
画像を使って、CMを紹介してます。
お 知 ら せ !
このたび、ブログの名称を 『 9ro3 のオークション生活 』 から変更したました。

ランキング 、 人気ランキング

※ 集計は、月曜日~日曜日の一週間単位で行っています。
個人的には、何とかならないのかな?と、思う。
でも、2人の間の溝は相当に深そうだ。

私は、男だから亮平にもう一度チャンスを与えて欲しい。
そうすれば、解決の糸口が見つけられるのでは、と思ってしまう。

でも、理美が言った
お願いします。悠斗を返して下さい。

あなたが、悠斗の為に頑張れば頑張るほど、私は、自分が嫌な女に
なっていくような気がするの。

お願い。助けてよ、亮平・・・






この言葉は相当にキツイね!
自分のしている事が、理美を苦しめている。

悠斗のため、理美とやり直すためにと頑張っている事を全て否定
されてしまった。

そんな時に、悠斗は亮平と理美が離婚をすることを知る。
二度と理美に会えないと思い、精神的に不安定に・・・

亮平は、悠斗を理美に会わせた。

元気のなかった悠斗が理美を見た瞬間、元気になった。
そして、満面の笑み。

あの笑顔を見たら、何も出来ない。
自分がどんなに辛くても、悠斗が幸せなら・・・

そう、感じたと思う。
あの状況では、悠斗を理美に渡すしかない。

でも、悠斗の気持ちは一時的な事のような気がする。
しばらくすれば、今度は亮平に会いたくなると思う。

亮平は、3人一緒が良いのだから・・・


理美は、何が理由で家を出たのか?
亮平が仕事を優先して授業参観や運動会に参加しなかった。

それも、原因だと思う。
だけど、理由は全く別のところにある気がする。

仕事を犠牲にして、授業参観や運動会に出たとしても結果は同じだった
ような気がする。

理美が言った、
私が一人ぼっちで、どんなに心細かったか。
捨てられたのは、私の方なのよ。

この言葉が全ての気がする。

詩織も津久野さんもあなたが変わったって言うの。
でもそんなことない。

あなたが大切にしているものは、 私と関係ないものばっかり。
結婚するまではそうじゃなかった。あなたにとって、私は何?

そして、これが理美の素直な気持ちなんだろう!

女性の方は、この言葉に共感できるのかな?
正直、私には良く分からない。

私は結婚し子供が出来たら全く別の生活が始まると思っている。
「私と関係ないもの」って、仕事は関係ないのかな?

別に、男は仕事さえすれば良いと言っている訳じゃない。
でも、仕事は家族を守る大切な事。

どうしても、男はこう考えてしまう。
それを、「関係ないもの」と言われたら、男は何も反論できない。

夫婦、家族には大切な事がたくさんある。
でも、妻と夫では優先順位が違うのかも知れないね!

お互いの立場も違えば、出来る事も違う。
考えが違うのも、当然なのかも知れない。

亮平には、理美をいたわる気持ちが足りなかったのだと思う。
そして、理美は亮平の事をわかる努力を怠ったのかも知れない。

いずれにしても、相手の気持ちが分からないのだから、コミュニケーション
が足りなかったって事だね!


理美の考えが変り、亮平と話し合いの時は来るのかな?
鍵を握っているのは、悠斗のような気がする。


FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


詩織(木村多江)が理美(石田ゆり子)の依頼を受け、家庭裁判所に
離婚調停の申し立てをした。

詩織から報告を受けた亮平(竹野内豊)は、「大事な家族を簡単に失う
わけにはいかない」と断言。

理美ともう一度やり直したい、そのためにはどんな努力も厭わない――。
そんな正直な思いを理美に伝えてほしいと頼む亮平を見て、詩織は動揺する。

一方、悠斗(宇都秀星)は意味も分からないまま覚えてしまった
「離婚」という言葉を、日々口にするように…。

そんな折、失業中だった亮平が食品会社に就職することが決まった。

悠斗を育てるため、スーパーの食品売り場で必死にいわしハンバーグを
売る亮平。

その姿を見て居ても立ってもいられなくなった津久野(劇団ひとり)は、
詩織のもとへ赴き、亮平の家族に対する思いを訴える。

津久野に言われて亮平の現在の姿を見た詩織は、友人として理美に考え
直すよう進言。

すると、理美はずっと夫に放っておかれていた間に覚えた心細さを訴え、
意外な一言を発する。

「捨てられたのは、私の方なのよ」。

その夜、理美は晋一郎(渡哲也)の家に押しかけ、亮平と悠斗(宇都秀星
に手を貸すのを止めるよう要請した。

亮平はいま晋一郎の手助けがあるから、子育てができているように感じ
ているだけだ、と説明する理美。

晋一郎はその言葉を否定するが、理美は「理屈じゃないんです。
悠斗を失ったら私は…」と晋一郎に懇願する。

その直後、晋一郎の家を出た理美は、亮平と鉢合わせ。
事情を知った亮平は、激しく理美を責める。

亮平が今も変わらず、自分に関係ないものばかり大切にしていることを
痛感した理美は、「私はあなたの何だったのよ!?」と言い残し、姿を
消すのだった。

翌日、日に日に元気を失っていた悠斗が、幼稚園でピアノの音を聴いた
途端に、耳をふさいで震えだした!

慌てて病院に駆けつけた亮平は、幼稚園の担任・美帆(さくら)から、
救急車の中で悠斗が泣きながら「僕がピアノの発表会に来てって言った
から、パパとママは離婚することになったんだ」と言ったことを知らされる。

悠斗にはやはり母親が必要なのではないか――そう指摘された亮平は
あくる日、悠斗とふたりで思いっきり遊ぶ時間を作り、元気づけようとする。

しかし、悠斗の暗い表情は消えなかった…。

その夜、晋一郎は亡き妻が遺したアルバムの写真に写っていた少女の
消息をつかむため、あちこちに問い合わせていた。

そこへ亮平がやって来た。

悠斗の一件を話し、「やっぱり母親が必要なんですかね…」とつぶやく
亮平に、晋一郎は「子供との結びつきは母親には敵わないかもしれない」
と言う。

なぜか以前とは意見が変わってしまった晋一郎に、困惑する亮平。
しかしその言葉を受け、亮平は悩んだ挙句、悠斗を理美に返す決意をする。

翌日、悠斗を手放した亮平はやるせない思いを胸に、誰もいない家へと
帰るのだった…。
(以上、公式HPより引用)
FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


主 題 歌
B000J0ZP8Sタイトル未定(DVD付)
EXILE
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-12-06

by G-Tools



西部警察スペシャル
村川透 渡哲也 舘ひろし
B0006J27QA


時雨の記
澤井信一郎 吉永小百合 渡哲也
B00069BM3O


輪舞曲 -ロンド- DVD-BOX
竹野内豊 チェ・ジウ 木村佳乃
B000E0OAS4


瑠璃の島 DVD-BOX
森口豁 成海璃子 竹野内豊
B0009YGWLS




ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9ro3.blog40.fc2.com/tb.php/1189-5d800209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック