画像を使って、CMを紹介してます。
お 知 ら せ !
このたび、ブログの名称を 『 9ro3 のオークション生活 』 から変更したました。

ランキング 、 人気ランキング

※ 集計は、月曜日~日曜日の一週間単位で行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

良かった。
本当に良かった。

末期ガンで、余命3カ月とコトーに診断されたゆかりだったが、
命の危険はなくなった。

こんな事を、奇跡と呼ぶんだろう!

ゆかり自身の生きたいと思う強い意志。
コトーの治療の成果。
そして、家族の愛、島のみんなの願いが天に届いたのかも知れない。

理由は何であれ、一つの尊い命が救われた。






だが、医者としてのコトーは命を救った事より、大きな課題を手に
してしまった。

医学上では考えられない回復だったのかも知れない。
しかし、死を宣告したした患者が元気になった事は、紛れもない事実。

決して、生きる力を軽んじていたとは思わない。
みんなが最大限の努力をした結果だ!

でも、一方で回復の見込みがないと判断して、治療を行うべきか迷った
時もあった。

もし、あの時にゆかりと孝が治療を望まなかったら・・・
今の元気なゆかりの姿はなかっただろう!

結果だけ見れば、コトーはもっと慎重に判断しても良かったと思う
ところもある。

しかし、コトーは魔法使いなんかじゃない。
スーパージェッター
スーパードクターでは、あるとは思うが・・・

どんなに優秀な人であっても先の事はわからない。
だから、一生懸命に考え、一番正しいと思う道を選ぶ。

後で、後悔するか、しないかの違いは、ここにあるんじゃないのかな?

安易に選ぶことなく、悩み苦しんだ答えなら、どんな結果になろうとも
受け入れる事が出来る気がする。

コトーは患者の事を、家族みたいなものと思っている。
これだけで、十分じゃないのかな?

もし、今回の事で得る物があるとすれば、
いかなる状況であっても、絶対にあきらめない。

和田の言葉の通り、今までの常識は自分で打ち砕くしかない。
そうしなければ、進歩などあり得ない。


コトーは、今回の事が正しかったのか悩んでいるが、時には必要な事
なのかも知れない。

立ち止まり、周りを見渡せば、今まで見えなかった物が見えて来る事もある。
常識なんて、本当は自分で作っている壁みたいな物かも知れない。

新たな物が見つかった時、壁はなくなる。
私は、そんな気がします。


FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


坂野ゆかり(桜井幸子)の抗癌剤治療が始まった。
辛い治療にゆかりは黙々と耐える。

ずっと付き添ってその様子を見ていたコトーこと五島健助(吉岡秀隆)は、
しばらく自宅で療養することを勧めた。

すると、ゆかりは家族や自分の写真を撮って欲しいと和田一範(筧利夫
に頼む。

和田は喜んで撮影するが、内心は複雑。
まるで、遺影を撮っているようだと悲しくつぶやく。

そんな和田を、仲依ミナ(蒼井優)がなぐさめた。

自宅に戻ったゆかりは、家事をこなし、星野昌代(朝加真由美)の
リハビリに付き合うなど、束の間、普段の生活を取り戻した。

1日1日を大切に生きようと穏やかに明るく過ごすゆかり。

まだ幼い千賀(畠山彩奈)に絵本を読むゆかりの姿に、夫の孝(大森南朋
は涙をこらえる。

何度目かの抗癌剤治療を終え、血液検査を受けたゆかりをミナが励ますが、
コトーは末期癌という現実を前に、複雑な気持ちでいた。

ところが、検査の結果、腫瘍マーカーの数値が、劇的に改善されている
ことが判明し、コトーは驚愕する。

東京の彩佳(柴咲コウ)の主治医、鳴海慧(堺雅人)に電話で意見を
聞くコトー。

すると鳴海は、一時的な小康状態だろうと冷静に言い放つ。
そして、抗癌剤治療で副作用に耐えている彩佳の様子を伝えた。

結果を聞いた坂野は、ゆかりは完治すると思い込むが、コト―は楽観視
することができない。

正一(小林薫)は娘・彩佳の乳癌を知らず、他の島民たち同様にゆかり
の病気に心を痛めていた。

数週間後の検査で、なんとゆかりの腫瘍マーカーの値は正常に。

話を聞いた坂野は、主病巣の手術を頼むが、コトーは最初の手術のよう
になったら、ゆかりの体に負担がかかると慎重。

この出来事を目の前に、コトーは悩みぬく。

手術を逡巡するコトーに和田は、今までコトーが島でしてきたことを
考えてみろと勇気づける。

ゆかり本人もコトーに手術をして欲しいと頼んできた。

ほんの少しでも可能性があるなら賭けてみたいと言うゆかりに、ついに
コトーも頷いた。

ゆかりの手術が始まる。
緊張しながら開腹したコトーは、そこに信じられないものを見た。

播種が消えていたのだ。

主病巣を取り除き、手術は成功するのだが、コトーの悩みはさらに
激しいものになる。

病室で目を覚ましたゆかりに、コトーは深々と頭を下げる。
そして、ゆかりに死の宣告をし、生きる力を軽んじていたと謝るコトー。

だが、ゆかりはコトーに感謝していた。

コトーがずっと一緒にいて励ましてくれたから生きようと思えたと。
その言葉に、コトーの目に涙がこみ上げる。

コトーが打ちひしがれていると、原剛利(時任三郎)が来た。
コトーは、原に医者が分からなくなったとこぼす。

剛利は、それでもゆかりを助けたのはコトーだと言い放つ。
いつもと違うコトー…「少し、疲れました」と…。

それでも、コトーはいつものように診療を続ける。
元気になったゆかりや、昌代のリハビリなどの往診に出る。

そんなコトーの留守、診療所にナカイという人物がいるかと電話が入った。

応対した和田は、つい、いないと答えてしまう。
いつも、ミナを苗字で呼んでいないからだった。

側にいたミナの表情は曇っていて…。
(以上、公式HPより引用)
FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


ゆかりが千賀に読んでいた絵本です。
4265034853しゅくだい
宗正 美子 いもと ようこ
岩崎書店 2003-09

by G-Tools


原 作 本
Dr.コトー診療所 20 (20)Dr.コトー診療所 20 (20)
山田 貴敏

Dr.コトー診療所 (19) 医龍 12―Team Medical Dragon (12) Dr.コトー診療所 (18) クロサギ 11―戦慄の詐欺サスペンス (11) Dr.コトー診療所 (17)

by G-Tools


主 題 歌
銀の龍の背に乗って
中島みゆき 瀬尾一三
B00009NKDC


Dr.コトー診療所2 オリジナル・サウンドトラックDr.コトー診療所2 オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

by G-Tools


Dr.コトー診療所2004 DVD BOX
山田貴敏 吉岡秀隆 柴咲コウ

Dr.コトー診療所2004 DVD BOX
Dr.コトー診療所 スペシャル・エディション DVD-BOX 「Dr.コトー診療所」オリジナル・サウンドトラック 四日間の奇蹟 Drコトー診療所 写真集 銀の龍の背に乗って
by G-Tools

裏
吉岡秀隆 Hidetaka Yoshioka

つづく 分岐点 ラストソング 心の砕ける音~運命の女~ Dr.コトー診療所2004 DVD BOX

by G-Tools


蒼井優 写真集「トラベル・サンド」蒼井優 写真集「トラベル・サンド」
高橋 ヨーコ

ニライカナイからの手紙 『花とアリス』写真館 花とアリス 特別版 夏少女-pictorial book(vol.1) 蒼井優・夢子・朝倉えりか・大政絢 撮影/木寺紀雄・笹原清明・加藤亜希子・米原康正 亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

by G-Tools




ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9ro3.blog40.fc2.com/tb.php/1261-fa8e92a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。