画像を使って、CMを紹介してます。
お 知 ら せ !
このたび、ブログの名称を 『 9ro3 のオークション生活 』 から変更したました。

ランキング 、 人気ランキング

※ 集計は、月曜日~日曜日の一週間単位で行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

もう少しで最終回の放送ですね!
ですが、少し前に10話を見終えました。

今更の感じですが、一言だけ書くことにしました。


結局は、ピアノコンクールで一位になる事は出来なかった。
疲労で倒れてしまい、十分な練習が出来なかったからだ!

もし、あの一日があったら、結果は変っていたのかも知れない。
だけど、これも運命なのかな?

もっと早くから、コンクールの準備をしていれば・・・
そう、思ってしまうのは私だけではないだろう。






でも、良く考えれば本選に出れた事が奇跡に近い。
のだめの千秋に対する思いの深さ、そして潜在的な才能を改めて見た気がする。

人間、死ね気で取り組めば、目標に手が届く。
思いは、必ず相手に伝わる。

そんな事なのかも知らないな!
結果だけ見れは、願いは叶わなかった。

でも、千秋からは一緒にヨーロッパに行こうと誘われた。

今回のコンクールでは、賞金と留学の支援を得る事は出来なかったけど、
千秋の言うとおり、他にも方法はあると思う。

ここまで、頑張ったのだから、最後まであきらめずに千秋と一緒に
留学して欲しいな!

だけど、のだめの気持ちは切れてしまったようだ。
やっぱり、幼い時の事が影響してるのかな?

あんなにスパルタじゃ、音楽が嫌いになってしまう。
今でも、ピアノを続けている事がすごい事なのかも知れない。

「自由にピアノを弾いて何が悪いのか?」
のだめの、この一言には重みがある。

違った指導者に出会っていたら、今よりもっとピアノが好きになって
いたかも知れない。

指導者としては、良い成績をとって欲しいと思う。
その事は、わかる。

でも、楽しいと思えないのに上手くなる訳がない。
こんな人達が、子供をダメにして行くのかな?

のだめには、そんな壁は乗り越えて欲しい。
そして、千秋と幸せになって欲しいな!


FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


のだめ(上野樹里)は、「マラドーナ・ピアノコンクール」に出場した。

このコンクールで優勝して、千秋(玉木宏)を追いかけてヨーロッパに
留学する、というのがのだめの願いだった。

一次予選を突破したのだめは、二次予選に挑んだ。

しかし、幼いころ同じピアノ教室に通っていた瀬川(伊藤隆大)もこの
コンクールに出場していたことを知ったのだめは、その当時起きたある
出来事を思い出してしまい、1曲目のショパンの「エチュード」でまっ
たく気持ちのこもっていない演奏をしてしまう。

それでも、2曲目のドビュッシー「喜びの島」では、楽しいことを思い
出して弾くように、という江藤(豊原功補)の妻・かおり(白石美帆
からのアドバイスを思い出し、千秋のことを思いながらきらびやかな
演奏を見せるのだめ。

その結果、のだめはなんとか二次予選も通過し、本選への出場権を手にする。

本選も見に行くから頑張れ!」。
千秋からメールをもらったのだめは、携帯電話をいとおしそうに胸に抱いた。

千秋は、R☆Sオケのクリスマスコンサートに向けて動き始めていた。

そんな彼の元に、玉木(近藤公園)や橋本(坂本真)ら、元Sオケの
メンバーがR☆S オケのオーディションを受けさせてほしい、と頼みに来る。

その真剣な眼差しを見た千秋は、編成の多い曲のときはオーディション
する、と答えた。

千秋は、クリスマスコンサートが終わったらヨーロッパに留学することを
決意していたが、まだオケのメンバーには言えずにいた。

そんな中、ティンパニの真澄(小出恵介)が、プロオケの書類選考を
通過し、実技試験と最終面接を受けることになった。

プロオケに入ることが夢だった真澄は、もし合格したらR☆Sオケと掛け
持ちで活動するつもりでいるようだった。

それを知ったR☆Sオケのコンミス・清良(水川あさみ)は、師匠の
ドゥーン(ジョン・ヘーズ)が帰国前に言った言葉を思い出す。

実は清良は、ウィーンで待っている、とドゥーンに言われていたのだ。
清良は、それを龍太郎(瑛太)に打ち明けようとする。

しかし、クリスマス公演のチケットが完売状態だと知って大喜びして
いた龍太郎は、清良の話も聞かずに千秋の元に報告に行ってしまう。

そんな折、千秋の元に、高橋(木村了)というヴァイオリン奏者が現れた。

R☆Sオケの初公演を見て以来、千秋に対してある特別な感情を抱いて
いた高橋は、いきなりR☆Sオケのコンマスにしてほしい、と言い出す。

高橋は、昨年のブッフォン国際ヴァイオリンコンクールで3位になった
という男で、先月、パリ留学から帰国したばかりなのだという。

清良よりも自分の方が上手い、と自信満々に言い切った高橋は、千秋
たちの前で演奏を披露した。

その演奏は、高橋の言葉通り、見事なものだった。

それを見ていた龍太郎は、高橋をメンバーに迎え入れると、迷って
いないでウィーンに帰っていいぞ、と清良に告げる。

のだめは、江藤の家で合宿練習を続けていた。
明後日に行われる本選までに、丸々2曲、仕上げなければならないのだ。

のだめは、完成度よりもテクニックをアピールできる、という狙いで
江藤が選んだシューマンの「ピアノソナタ2番」とストラヴィンスキーの
「ペトルーシュカ」に取り掛かる。

ブツブツと独り言を言いながらピアノに向い、時折、左右の人差し指を
近づけたりしながら練習を続けるのだめ。

その姿を見たかおりは、江藤にそれを報告した。

江藤は、のだめがいつの間にかシューマンを完成させていることに、
驚きを隠せなかった。

その夜、千秋のマンションに彩子(上原美佐)がやってきた。

彩子は、のだめにR☆Sオケ・クリスマスコンサートのチケットを渡し
たかったのだという。

「真一も日本で最後の公演になるんでしょ?頑張ってね」。
寂しさを押し殺しながら、千秋にそう言って帰っていく彩子。

その言葉を聞いた千秋は、何かを思い出したかのように、棚から1冊の
スコアを取り出す。

それはベートーヴェンの「交響曲第7番」だった。

同じころ、江藤家では大変な事態が起きていた。
のだめが高熱を出して倒れてしまったのだ。

疲労がピークに達しているところに、食事もとらずにムリしてきたためだった。

江藤は、ベッドの上で苦しそうにしているのだめの姿を見つめながら、
「もうええから、ゆっくり休め」と優しく声をかけた――。

あくる朝、目を覚ましたのだめは、「ペトルーシュカ」のCDを聴きながら、
必死に曲を覚えようとする。

コンクール会場に向かう間も、楽譜に熱中するのだめ。
そんな彼女に江藤は、1曲目を弾き終えたら舞台から降りるよう釘をさす。

マラドーナ・ピアノコンクールの本選が始まった。
客席には、千秋はもちろん、龍太郎、真澄、桜(サエコ)らの姿もあった。

優勝候補の最右翼・瀬川は、安定した演奏を披露した。
ミスもなく、叙情性に溢れたその演奏に、引き込まれる千秋たち。

だが、審査委員長のオクレール(マヌエル・ドンセル)だけは、瀬川が
何かに怯えていることを感じ取っているようだった。

28番目に登場したのだめの演奏が始まった。
祈るような思いで見つめる江藤とかおり。

千秋は、初めて見るのだめの渾身のシューマンに驚いていた。

演奏が終わると、まだ2曲目が残っているにもかかわらず、観客たち
からは大きな歓声が起きた。

するとのだめは、江藤の言いつけを守らずに、2曲目の「ペトルーシュカ」
を弾き始める。

と、そのとき、いきなりのだめの指が止まった。

会場に来るバスの中で楽譜を覚えているときに聞いてしまった、携帯電話
の着メロ「きょうの料理」が邪魔をしたのだ。

静まりかえる場内。

頭の中が真っ白な状態になったのだめは、こともあろうに、「きょうの
料理」のフレーズを織り交ぜながら再びピアノを弾き始め、やがて曲に戻った。

ただ必死に、鍵盤を追いながら…。

審査の結果は、1位なしの2位が瀬川だった。
のだめは、審査結果を待たずに会場を後にした。

そんなのだめを呼び止めた千秋は、「俺と一緒にヨーロッパに行かない
か?」と彼女に告げた。

しかしのだめは、何故そこまでして勉強しないといけないのか、自由に
ピアノを弾いて何が悪いのか、などと言い放つ。

コンクールも楽しくなかった、というのだめの言葉を聞いた千秋は、
諦めたようにその場を去る。

のだめは、悔しさをかみ締めて…。

数日後、千秋の元に音楽評論家の佐久間(及川光博)から電話が入る。
千秋は、佐久間にR☆Sオケの後任指揮者の候補者選びを頼んでいたのだ。

佐久間は、けえ子(畑野ひろ子)とともに、すでに数名の候補者に絞り
込んでいた。

練習場に向かった千秋は、R☆Sオケのメンバーに、最後の1曲を決めて
きた、と伝える。

すると黒木(福士誠治)や菊地(向井理)たちは、すでにベートーヴェン
の「交響曲第7番」の楽譜をそろえていた。

彼らは、龍太郎から聞いてすでにこの曲の予習を済ませているのだという。

千秋が初めて指揮したこの曲を完璧に演奏して、千秋のR☆Sオケを締め
くくろう、という龍太郎に、千秋も黙ってうなずく。

同じころ、のだめは、荷物を持ってマンションを後にしていた…。
(以上、公式HPより引用)
FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
悲しい事が多いから・・・ ← 良かったら、こちらもどうぞ!


ドラマの中で、のだめが使っているバッグです。
これって、可愛いですよね!

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ



「のだめオーケストラ」LIVE!
のだめオーケストラ 東京都交響楽団
B000I5YAD0


のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
オムニバス(クラシック)
B000JS77FY


原 作 本
のだめカンタービレ #16 (16)
のだめカンタービレ #16 (16)
二ノ宮 知子

関連商品
のだめカンタービレ (15)
のだめカンタービレ (14)
のだめカンタービレ (13)
のだめカンタービレ (12)
のだめカンタービレ (11)
by G-Tools


B000I5YADA「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
ERJ 2006-12-06

by G-Tools


のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK
二ノ宮 知子
4063720799


のだめカンタービレ Selection CD Book〈vol.2〉
二ノ宮 知子
4063646661


ドラマ 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック 2006年 12月号 [雑誌]
B000K0YNQM


のだめカンタービレ キャラクター・セレクション のだめ編
オムニバス(クラシック) バーンスタイン(レナード) ガーシュウィン
B000JS77G8


B000JS77GIのだめカンタービレ キャラクター・セレクション 千秋編
オムニバス(クラシック) ニューヨーク・フィルハーモニック バーンスタイン(レナード)
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-12-06

by G-Tools


のだめカンタービレ キャラクター・セレクション ミルヒーと仲間たち編
オムニバス(クラシック) ブロンフマン(イェフィム) フィルハーモニア管弦楽団
B000JS77GS


のだめカンタービレSelection CD Book
二ノ宮 知子
4063646467


のだめカンタービレ Selection CD Book〈vol.2〉
二ノ宮 知子
4063646661


ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ
R☆Sオーケストラ 千秋真一 千秋真一 R☆Sオーケストラ
B000ALJ16S


JURI first―上野樹里写真集
木村 晴
4063646033


玉木宏 PHOTO STORY BOOK「ただ、君を愛してる」
4048949047




ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9ro3.blog40.fc2.com/tb.php/1344-5e744ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。