画像を使って、CMを紹介してます。
お 知 ら せ !
このたび、ブログの名称を 『 9ro3 のオークション生活 』 から変更したました。

ランキング 、 人気ランキング

※ 集計は、月曜日~日曜日の一週間単位で行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

今回は、医療ミスの話だった。

人の命に関わる事なので、ミスは絶対に許されない。
しかし、実際にはミスは存在する。

そこには色々な要因があるのだと思う。

それは、ちょっとした気の緩みなのかも知れない。
あるいは、長谷矢のように医療に携わる資質がない者もいるかも知れない。

でも、患者側からすれば理由なんか関係ない。
美香の両親のように、きっと許せないと思う。






でも、残された者としては、何があったのか真実を知りたい。
そう、思っているんじゃないかな?

だが、今回は病院が1人の医者を守るために、隠ぺい・捏造。

個人も最低なら、組織も最低。
こんな病院に入院した事が、運が悪かった。

そう思うしかないのかも知れない。
怨み屋がいなければ・・・


だけど、母親の選んだ方法は凄かったな!

気持ちはわかるが、憎いからと言って自分で殺せるかな?
精神異常で、人を殺害しても罪にはならない。

でも、・・・

自分が遺族だったら、どうするのかな?
気持ち的には同じだけど、実際には・・・

でも、今回の場合に限っては、良かったのかな?と、思ってます。

アナタだったら、どうしますか?


テレビ東京・ドラマ「怨み屋本舗」公式HP
ブロードバンド ビジネスジャンプ
原作者 栗原正尚さんの公式 HP

木下あゆ美 公式ページ



盲腸で入院していた17歳の青山美香(花澤香奈)は、担当医師・長谷矢透
堀部圭亮)のミスで筋肉弛緩剤を注射され、死亡する。

美香の両親(下条アトム渡辺典子)は、医療ミスを隠蔽しようとする
病院側の対応に怒りを隠せず、理事長の長谷矢稔(上田耕一)と息子の
担当医を社会的に抹殺してほしいと怨み屋(木下あゆ美)に依頼する。

情報屋(寺島進)の調査で、長谷矢透は過去にも3回医療ミスを犯し、
父・稔も病院の金を使い込んでいた。

怨み屋は美香の親友だった里奈(葵)を使い、病院の裏帳簿のコピーを
手に入れる。
(以上、公式HPより引用)


FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
今、注目されているのは、これだ!← こちらもどうぞ!


B000GH3PLI怨み屋本舗 DVD-BOX
木下あゆ美
バップ 2006-11-22

by G-Tools


怨み屋本舗 1 (1)怨み屋本舗 1 (1)
栗原 正尚

怨み屋本舗 2 (2) 怨み屋本舗 3 (3) 怨み屋本舗 4 (4) 怨み屋本舗 5 (5) 怨み屋本舗 6 (6)

by G-Tools


れもん色の午後―木下あゆ美1st.写真集れもん色の午後―木下あゆ美1st.写真集
Kozuka Takayuki

Puro 木下あゆ美 木下あゆ美 写真集 「ラ・ドルチェ」 Lettre~レトル~ 木下あゆ美 コラボレーションBOX 特捜戦隊デカレンジャーヒロイン写真集 JASMINE & UMEKO

by G-Tools




ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

コメント
この記事へのコメント
18年11月に両目のイントラレーシックの手術を某クリニックで、施術いたしました。3ヶ月検診で右目の視力がおちていたので、再手術を3月にうけました。が、信じられないことに再手術は点眼麻酔なしに手術が行われ強烈な痛みを伴いました。強烈な痛みを我慢するのが精一杯で声を出すこともできずに手術は終了いたしました。2回目の手術は痛くないと検査のときに言われていたので、点眼麻酔がないのを不思議に思いながらもその言葉を信じて、手術を受けましたが、激烈な痛みを覚えたのでこれは医療ミスであると確信しました。当然、手術後にこのことを訴えましたが、クリニックは「点眼麻酔は行った」の一点張りです。
医療ミスが起こらないように2人体制で確認を行っていると
クリニックは主張し、点眼麻酔しているところを目視していたという看護師とも話しをしましたが、点眼麻酔を行ったところを目視し、「今から点眼麻酔を行います。」という声も聞いたと強く主張する始末です。
その後、何回か話合いを行い、クリニック側が点眼麻酔をしていなかったのではないか?ということで落ち着きそうです。
所詮、人間の行う事なのでミス(医療)はおこるものであると思います。
2007/03/13(火) 22:59:21 | URL | とむ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9ro3.blog40.fc2.com/tb.php/867-d6b61bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
怨み怨み(うらみ)とは、相手からひどい仕打ちを受け、機会あらば報復しようとする感情を指す。怨念(おんねん)ともいう。日本の幽霊は大概「怨めしや」との台詞で登場するし、漫画「魔太郎がくる!!」で「この怨み晴らさで置くべきか」が主人公少年の常套句になったのも、
2007/09/13(木) 05:41:47 | 精神医学ってすごい?
■医療ミスとは医療に密接に携わる医師・看護師などが、人為的ミスにより患者に対して的確ではない処置を施してしまうこと。その結果患者は死亡、或いはより重い症状になってしまい、裁判沙汰になることもある。
2006/09/25(月) 09:59:07 | イントラレーシック失敗調査隊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。