画像を使って、CMを紹介してます。
お 知 ら せ !
このたび、ブログの名称を 『 9ro3 のオークション生活 』 から変更したました。

ランキング 、 人気ランキング

※ 集計は、月曜日~日曜日の一週間単位で行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

東都署メンバーは、個性的な奴ばかり。
壊れていると言えば、その通りかも知れない。

でも、だから羅生門だ。


組織解体のために、留美ちゃんをスパイに仕立てようと考えるなんて、
いかにも能無しの幹部が考えそうな事だ。

東都署の事は何でも知っていると、監察官・田辺が言っていたが、
だったら何のために証言が必要なんだ?






全部わかっているなら、留美ちゃんに聞く前に、勝手に処分すれば
良いだけだ。

それをしないのは、何かあった時に責任を取りたくないからか?
偉そうな事を言う割には、やってる事はセコイな!

確かに問題の多い奴はいる。

安全くんは、すぐに手が出るし、過去に薬の使用歴がある。
土橋は、借金まみれ。

課長もなぜか、おでんの屋台をやってるし・・・


クミが、つまらんホストに殺された。
だが、すぐに犯人は、捕まった。

普通で考えれば、これで事件は解決。
だけど、羅生門ではこれで終わりでは無い。

人の心の痛みがわかるからこそ、出来る事がある。
正しいと思った事が出来るのが、羅生門。

犯罪の背景には、色んな事があるはずだ。
妹のエリカも、言葉と心は正反対だった。

エリカが平原を刺さずに済んだのは、無駄とも思えるみんなの行動が
大きかったんじゃないかな?


最近は、警察に対する不信感が大きくなっている。
ずさんな捜査など、人の心を無視している様な気がする。

羅生門の刑事のように、人の心がわかる刑事が多かったら・・・
と、思う人も少なくないのでは?

実際には、限られた人員・時間で仕方がない部分もあるのだと思う。
でも、気持ちだけは、正義を貫いて欲しいものだ。



時間の関係で、このドラマはUPしませんでしたが、最終回なので、
久しぶりに書いて見ました。

最後なので、まとめとして一言。

内容・出来とも良かったです。
個性的なキャスティングでしたが、それも見事にはまってます。

今回で終わってしまうのが、とても残念です。
機会があったら、続編を作って欲しい。そんな思いです。

私の中では、このドラマは合格ラインを超えました。

視聴率など、全く知りませんが、世間的には、どんな評価だったのかな?
コメントを入れてくれたら、うれしいです。



FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
今、注目されているのは、これだ!← こちらもどうぞ!


キャバクラで働いていた深沢クミ(小松みゆき)が駐車場で死んでいる
ところを発見された。

黒田(舘ひろし)たちは彼女と交際していたホスト・平原(阿部進之介
を逮捕するが、クミの妹で大学病院の医師・エリカ(遠野凪子)は姉の
死に動揺したそぶりをまったく見せない。

その頃、久しぶりの休暇を満喫していた留美(木村佳乃)と陽平(小林翼
の前に、警視庁の監察官・田辺(益岡徹)が現れる。

その様子にただならぬ雰囲気を感じる留美。

会議室に通された留美は、田辺の目的を知る。
かねてから東都署を問題視していた彼らは、土橋(佐野史郎)をはじめ
とする東都署の刑事たちの素行をやり玉に挙げ、組織解体および制裁の
ために留美の証言を取ろうとしていた。

スパイ扱いされたことに腹を立てる留美だったが、自分のあまりの無力
さを思い知り、疲弊する。

そして、クミと向き合って会話をする弓坂(森本レオ)の行動が理解できず、
いらだつ気持ちを安全(遠藤章造)たちについ、ぶつけてしまうのだった。

クミが安置されている大学病院へ向かった留美は、あらためて彼女と
向かい合う。

「死んでくれてホッとしている」と冷たく言い放つエリカだったが、
留美はクミのピアス跡とエリカのピアスの数が一致していることに気づく。

さらにエリカの同僚である、土橋の一人息子・真(海東健)から二人が
とても仲の良かった姉妹だった話を聞き、彼女が姉の復讐を計画して
いることを確信する。

そんな折、エリカのロッカーから退職届が見つかり、その日から彼女は
姿を消してしまう。

平原が護送される日。
押し掛けたマスコミの群れに紛れていたエリカが、憎しみを込めた表情
で平原めがけて突っ込んで行く。

「平原!」。
そのままどっと倒れ込む二人…だが、彼女の手には何も握られてなかった。

「よくやったな…もう充分だろう」。
黒田がそっと声をかけると、エリカはじっと天をあおぎ、涙を流すのだった…。

再び田辺たちの前に立つ留美。
「私が申し上げたいことは一つだけです。
私を含め、東都署の刑事たちは確かにみんなどこか壊れているかも
しれません。

しかし、だからこそ人の痛みを深く知り、人が罪に至る切実さ、罪を
重ねる人間の業の深さをよく知り抜いているのです。

この時代、もし社会も壊れているとするなら、彼らこそ罪を犯した人間
を贖罪に導き、そして、そのことによって彼ら自身も救われる…本物の
刑事ではないかと考えます」。

そう言って会議室を後にする留美を黒田が待っていた。
二人は向かう。仲間たちが待つ羅生門へ…。
(以上、公式HPより引用)

FC2 Blog Ranking ← ぜひ、クリックを。
今、注目されているのは、これだ!← こちらもどうぞ!


PS-羅生門- (01)
PS-羅生門- (01)
矢島 正雄 中山 昌亮

関連商品
PS-羅生門- (02)
PS-羅生門- (03)
PS-羅生門 4 (4)
PS-羅生門 6 (6)
PS-羅生門 5 (5)
by G-Tools


B000FZDNVI愛してる
風味堂 渡和久 森俊之
ビクターエンタテインメント 2006-08-23

by G-Tools


「PS-羅生門-警視庁東都署」オリジナル・サウンドトラック「PS-羅生門-警視庁東都署」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

by G-Tools


B000GH3PIQPS-羅生門- 警視庁東都署 (出演 木村佳乃、遠藤章造)


by G-Tools


まだまだあぶない刑事 デラックスまだまだあぶない刑事 デラックス
鳥井邦男 舘ひろし 柴田恭兵

あぶない刑事20年SCRAPBOOK あぶない刑事 YUJI THE BEST 容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション まだまだ刑事マガジン もっとあぶない刑事 VOL.3

by G-Tools


木村佳乃メモリアルブック「YX(Yoshino's 10years)」
イジマ カオル
4847029305




ランキングに参加中です!
更新活力のために、クリックにご協力下さい。
   ↓   ↓   ↓      ↓   ↓   ↓
  
出来たら、こちらもお願いします。
  ↓  ↓     ↓  ↓
  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://9ro3.blog40.fc2.com/tb.php/888-2baf2a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。